岡崎医院は、大阪府大東市御供田の内科クリニックです。JR住道駅から徒歩約15分。生活習慣病【高血圧、糖尿病(外来インスリン導入可能)、脂質異常症、高尿酸血症】、慢性腎臓病、内分泌疾患(橋本病、バセドウ病など甲状腺疾患)、スギ花粉症およびダニアレルギーに対する舌下免疫療法、一般内科、各種予防接種、各種検診。

スギ花粉症およびダニアレルギーに対する舌下免疫療法

スギ花粉症およびダニアレルギーに対する舌下免疫療法

H30年度のスギ花粉に対する舌下免疫療法の新規治療受付を開始しています。詳細はお電話でお問い合わせください。

画像の説明

はじめに

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の主な原因であるダニアレルギーの有病率は非常に高まっています。従来の薬剤は根治治療ではないことから、根本的治療に繋がる可能性のある抗原特異的免疫療法(減感作療法)、なかでも手技が容易で極めて安全性の高い舌下免疫療法が注目されています。


舌下免疫療法とは?

スギまたはダニ抗原を含んだ医療用の抽出液を体に安全な低濃度から投与し、 安全性と反応を見ながら徐々に量を増やし、抗原に対する免疫を獲得させ、体質を変えていく治療です。 つまり、既存の内服薬がくしゃみ・鼻水・鼻つまりの症状を一時的に抑えるため用いられるのに対し、舌下免疫療法は事前に治療を開始し、アレルギー症状が出ないように予防するものです。

治療には専門的知識を必要とするため、あらかじめ教育講習を受けた医師しか薬の処方は認められておりません。



※当院は登録医療機関であり、舌下免疫療法の実施が可能です。


画像の説明

実際の治療は?

スギまたはダニ抗原を含んだ医療用の抽出液を舌の下に投与し2分間保持した後に飲み込むだけと非常に簡便です。1回目の舌下投与は医療機関で行いますが、以降は毎日自宅で行います。


治療開始時期は?

<スギ花粉症に対する舌下免疫療法>
6月から12月中旬までの治療開始が望ましく、安全性の観点からスギ花粉の飛散する時期には開始できません。


<ダニアレルギーに対する舌下免疫療法>
一年を通して、いつでも治療開始が可能です。


治療効果は?

治療により有意にくしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状が抑制され、これにより普段の活動性や野外での活動、睡眠といった生活の質が改善されることが明らかとなっています。さらに併用するアレルギーに対する薬の量も減量できることも同様に報告されています。

注意点としては、多くの方に有効な治療法である一方で、残念ながら治療による効果が低い、もしくは効果が得られない方も一定数おられ、どのような方で治療抵抗性となるかは予測不可能であることです。さらに治療終了後にも効果を持続させるためには、最低2年以上の治療期間が必要ですので、ご注意ください。


治療の副反応は?

舌下免疫療法は従来の注射による方法よりもかなり安全とされますが、非常に少量ではありますが、アレルギーの原因抗原で治療するため、口腔内の掻痒感や刺激感といったアレルギー反応が起こる可能性があります。


画像の説明

当院での治療を開始するには?

病因アレルゲンがスギ花粉やダニでない方や、重度の気管支喘息患者、悪性腫瘍、免疫疾患、免疫不全症の方は対象にならない場合がありますので、まずは受診していただき、診察の上でアレルギー性鼻炎および全身の合併症の有無を精査します。
それらの検査の結果を踏まえて、舌下免疫療法を含めたアレルギー治療の説明をさせていただきます。その上で、舌下免疫療法を選択されるか検討していただくこととなります。
したがって、初診日に舌下免疫療法を開始することはありません。

なお、治療等につきまして御不明な点など御座いましたら、来院時にお気軽にお尋ねください。

※初診については、当面の間、予約制とさせていただきます。
受診を希望される方は、お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional